水素を摂取する

十分な量の水素を摂取するための工夫

活性酸素による悪影響を防ぐためには、水素濃度が1.0ppm以上の水素水を、1日に1リットル飲むことが良いとされています。しかし水素分子は非常に小さく、通常の容器ではフタをしたとしても抜け出てしまいます。そのため昨今では水素水は、あらかじめ水素分子が抜けることを想定して、水素濃度を1.0ppm以上にしてあることが多いです。また、水素分子が簡単には出ていかないように、ペットボトルではなくアルミ缶やアルミパウチに入れて販売されるようになっています。これなら、開封しなければ水素分子は抜け出ていきませんし、飲むために開封した瞬間にある程度の水素分子が抜けても、濃度は1.0ppm以下にはなりにくいのです。このような、十分な量の水素を摂取できるようにするための工夫は、現在もさかんにおこなわれています。この工夫により、人々は水素水を一層効果的に摂取できるようになると予想されています。

1回で吸収できる量を飲むことが大事

ただし、いくら高濃度の水素水を大量に摂取したとしても、胃腸が吸収できる水素分子の量は限られています。そもそも人間の体の構造上、一度に吸収できる水分自体が、500mlほどとなっています。したがって、それ以上の量の水素水を飲むことはできませんし、無理に飲んだとしても体内には吸収されないのです。吸収されなかった水素分子は排出されるので、過剰摂取は無意味と言えます。したがって水素水は、1回でコップ1杯ほどの量を、数時間おきに飲むことが効果的と言えます。そうすれば胃腸に負担を与えることはありませんし、含まれている高濃度の水素分子は、体内にしっかりと吸収されるようになります。数時間おきに体の活性酸素が除去されるので、一気にまとめて飲むよりも効果的です。